地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

1月9日から「熱海梅園 梅まつり」が始まります

最終更新: 1月9日

こんにちは。Irodoriです。昨年はいろいろなシーズンイベントが自粛となり、いつもより季節を感じにくい一年でした。今年はシーズンイベントが通常通り開催されるよう、状況が一日も早く落ち着くと良いですね。1月9日(土)より熱海梅園では「梅まつり」が始まります。


2021年熱海梅園梅まつり
早咲きの梅の花が咲いています

熱海梅園では、2021年1月9日(土)から3月7日(日)まで「梅まつり」が開催される予定です。日本で最も早咲きの梅といわれる熱海梅園の梅は、すでに紅白の早咲き種の梅の花が咲いています。


2021年熱海梅園 梅まつり
2021年熱海梅園 梅まつり

熱海梅園の梅まつりと同時に、熱海市街を流れる熱海糸川では早咲きの可愛らしいピンクの桜、あたみ桜の「糸川桜まつり」が開催されます(あたみ桜 糸川桜まつりは2月7日まで)。

新年が明けると熱海には早春が訪れます。気持ちは明るく、楽しく過ごしたいですね。


2021年熱海梅園 梅まつり
早咲きの白梅

梅まつり開催期間中の1月から3月まで、園内に植えられた60品種の梅が順番に開花していき、長い期間楽しめます。このところコロナ感染が増加しているため、外出自粛となりますが、梅の見頃は長く続きますので、時期をずらして訪れてみてはいかがでしょうか。


詳細は公式サイトをご参照ください。

■ 熱海市観光協会公式