地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

雨戸戸袋の蓋は閉めましょう

最終更新: 1月6日

こんにちは。Irodoriです。現在の新築の一戸建は、雨戸が付いていない場合やシャッターなど、雨戸の開閉がないことが多いと思いますが、数十年前の戸建、特に別荘などの雨戸戸袋にある取っ手部分の蓋、何のためについているかご存知ですか?


雨戸戸袋の蓋
雨戸戸袋の蓋が開いている状態

雨戸戸袋の蓋は何のために?

雨戸戸袋の蓋、雨戸を開閉する際に戸袋へ手を入れる部分についています。この隙間から野鳥などの小動物が入って、巣をつくることがあります。蓋の役割は小動物の侵入を防ぎます。


以前に戸袋の蓋がない別荘で、雨戸を開け戸袋へ収納する際に、雨戸が何かに当たって奥まで入らないということがありました。

何度やっても収納できなく、なぜ?と思い懐中電灯をあてて覗いてみると、野鳥が巣を作り卵を温めていました。雨戸が巣に当たって収納できないことがわかりました。

せっかく卵を温めている野鳥を出すわけにもいかず、その後しばらくし、巣立ってから巣をかき出したことがあります。長い棒を使い、掃除機で吸って、結構手間が掛かりました。


それ以来、別荘清掃時も不動産のご案内の際も雨戸の蓋がある場合は、意識して必ず閉めたか確認をします。


雨戸戸袋の蓋
戸袋の蓋を閉めると小動物が入れません

ちょっとした心掛けで面倒なことを防ぎます

雨戸を閉める際に、戸袋の蓋を閉めつつ雨戸を引き出すのは少し面倒ですが、些細な心掛けで後に起きると面倒なことを防げるので、戸袋の蓋がある場合はしっかり閉めることをおすすめします♪



~ 皆さまのライフスタイルに「彩り」を添えるお手伝い ~


静岡県熱海市にある不動産会社 Irodori株式会社 です。

熱海・湯河原・真鶴・箱根エリアのリゾートマンション・別荘・戸建・土地などの

不動産の売却、購入の仲介を承っております。


◎ ご所有不動産の価格査定や売却について聞きたい

◎ ご所有不動産を有効活用したい

◎ 購入検討する不動産物件を探したい

◎ 移住の検討にあたり、地域選びや不安に感じることを聞きたい

◎ 買い替えや住み替え、今後のライフスタイルのプランニングについて