地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

雨に影響される地域の特性について

更新日:8月19日

こんにちは。Irodoriです。今年の8月お盆期間中は毎日雨が降り続きました。長く続く雨の影響で、特に8月15日は電車の運休や道路の通行止めなど、交通機関にも多く差し響きました。雨に影響される熱海エリアの特性についてご紹介します。


熱海糸川増水
8月15日の熱海糸川 激しく増水していました

地域の特性を知り、対策を講じる

今年のお盆は、停滞する前線の影響で全国的に長雨が続きました。どの地域でも思いがけない災害が発生する可能性があります。今後は台風が発生しやすい季節を迎えますので、雨に影響されやすいことを知り、対策を講じ備えるため、地域の特性をご紹介したいと思います。



1)道路の影響

熱海へのアクセスは、主に以下の道路があります。

・東側の神奈川方面~南側の東伊豆方面へ繋がる、海沿いの国道135号線と熱海ビーチライン(有料道路)

・西側は三島、函南方面を結ぶ山間の県道11号線(熱海函南線)

・北側は箱根から南下する山間の県道20号線(熱海箱根峠線)


いずれも地形の特徴で海沿い・山沿いの道のため、降水量による通行規制が定めらています。


■ 国道135号線

 伊豆山~門川、錦ヶ浦~上多賀など、連続降雨200ミリを超えると通行止めになります。

現在は、7月に熱海市伊豆山の一部で発生した土砂災害の影響があり、静岡県による通行止めの雨量規制が決められています。


<暫定基準> ※以下のいずれかを観測した場合に通行止め

・降雨量:時間雨量 10mm 以上または連続雨量 50mm 以上を観測

・地盤伸縮計:1 時間あたり移動量が 2mm 以上を観測

★ 静岡県公式ウェブサイト「国道135号線の規制解除につい