地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

熱海 湯前神社

こんにちは。Irodoriです。季節は大寒。一年の中で一番寒さを感じる時期ですね。身体の芯から温まる温泉の恵みが特にありがたい時です。熱海市の中心地には、温泉の神様を祀る「湯前神社」があります。


熱海 湯前神社
熱海 湯前神社

湯前さんと呼びます

海岸から熱海銀座の坂を上った先、住所は熱海市上宿町の一画に「湯前神社」があります。地元では「湯前さん」と呼んでいます。湯治の神を崇敬を集めた古社で、温泉の神様を祀っています。


熱海 湯前神社
温泉の神様を祀る湯前神社

湯前神社は路地の奥にあるこじんまりとした神社です。

現在は熱海来宮神社の兼務社となっていて、普段は仕えている方はいませんので、御朱印などは来宮神社でいただきます。


熱海 湯前神社
湯前神社由来記

創建は749年

湯前神社の歴史は、神社の前に熱海温泉の源泉とされる「大湯」が湧いており、その大湯を神と祀った古社と推測されています。

ご由緒は、749年に子供が「この温泉を浴びれば諸病をことごとく治癒する」と神託を受け、その報恩として里人が祠を建てて少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀ったと記されています。

少彦名神は医療、温泉、酒造の神として崇敬されていますね。