地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

熱海箱根峠線の片側交互通行開始

最終更新: 1月9日

こんにちは。Irodoriです。昨日に引続き熱海周辺の道路情報です。今年10月の台風19号の被害で道路崩落により通行止めになっていた、熱海と箱根峠の間を結ぶ県道20号線(熱海箱根峠線)ですが、12月20日から時間限定の片側通行が可能になりました。


十国峠から望む三島・沼津の街
県道20号線 十国峠付近で見える沼津方面の街

熱海と箱根の間を結ぶ道路

県道20号線(熱海箱根峠線)は熱海から箱根峠へ続く道路で、今年10月の台風19号の災害により通行止めになっていました。熱海から箱根に向かう際は、湯河原から湯河原パークウェイもしくは椿ラインを利用するか、小田原から国道1号線もしくは箱根新道を利用するなど、迂回をせざる得ない状況でしたが、2019年12月20日から昼間片側交互通行になりました。


片側交互通行可能時間:7:00~18:00 (夜間18:00~翌朝7:00は通行止め) 


■沼津土木事務所 公式サイト 

 令和元年12月20日正午より(主)熱海箱根峠線が昼間片側交互通行になります! 


 ↑道路崩落の被害状況写真を見ると凄い状況だったのですね。

熱海から箱根に向かう途中で見える富士山
県道20号線を箱根方面に向かう途中に見える富士山

年末年始に向けて

いつ通行可能になるのか気になっていましたが、改めて崩落の様子を知ると復旧に尽力してくださった土木事務所や工事業者の方に深く感謝です。年末年始は旅行や箱根神社へ初詣に出掛ける方、箱根駅伝の応援に駆け付ける方など多くの方が箱根へ向かいますので、一日も早い復旧を目指したのではないかと思います。


箱根峠から眺める芦ノ湖
箱根峠から眺める芦ノ湖

通行できる喜びと有難さ

当たり前のように通っていた道路が通行できなくなると不便さを強く感じますが、日々点検や補修をしてくださっている方々のおかげで安全に通行できることをとてもありがたく思います。改めて感謝ですね。


箱根神社一の鳥居と国道1号線
箱根神社 一の鳥居