地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

熱海梅園「もみじまつり」と白梅

最終更新: 1月9日

こんにちは。Irodoriです。各地で紅葉が見頃となって来ました。日本一遅い紅葉と日本一早咲きの梅が楽しめる熱海梅園。現在「もみじまつり」が開催されており、色づき始めたもみじと一部開花した白梅を同時に愛でることができます。


熱海梅園の紅葉まつり
紅葉は少しずつ色づいています


日本で最も遅い紅葉の「もみじまつり」

熱海梅園は日本で最も早咲きの梅として知られる庭園で、毎年1月中旬から「梅まつり」が開催されます。また、11月下旬から色づくもみじは、日本一遅い紅葉と言われ、現在熱海梅園では「もみじまつり」が開催されています。


熱海梅園もみじまつり開催
もみじまつり 令和元年11月16日(土)~12月8日(日)

全体的はまだ青葉が多く

弊社事務所(JR来宮駅)から熱海梅園は歩いて10分程なので、紅葉の様子を見学に来ました。

紅葉は所々で進んでいますが、まだ多くの青葉もみじがキレイです。


熱海梅園日本で最も遅い紅葉のもみじまつり

私財提供の下で

熱海梅園は明治19年に横浜の豪商・茂木惣兵衛氏が私財を投じて開園したのが始まりで長い歴史があります。また今から約10年前に実業家・大塚実氏の私財の提供によりリニューアル工事が行われました(梅園内設置「茂木氏梅園記の要約」「大塚実氏顕彰記念碑」表記より)。リニューアルされる前までは木々が鬱蒼と生い茂り、現在のような明るく歩きやすい庭園ではなかった印象です。


熱海梅園日本で最も遅い紅葉のもみじまつり
いろとりどりな葉

美しい庭園

久しぶりに熱海梅園へ訪れ、美しく庭園の管理がされていることに感動しました。美しい庭園が近くにあることを嬉しく思います。灯台下暗しと言いますか、近くにあるといつでも行けると思い、しばらくぶりです。東京在住の方が東京タワーにあまり上らないことと同じでしょうか??


熱海梅園内を流れる糸川ともみじ
園内は糸川が流れています

観光だけでなくお散歩にも

梅園内は犬のお散歩をされている方、写真を撮影されている方、団体の観光で訪れている方など、様々な過ごし方をされています。


熱海梅園梅見の滝
梅見の滝

週末はイベント開催

もみじまつりの開催期間は週末に演奏会や限定まんじゅうの販売などイベントが予定されています。

のんびりご自分のペースで観賞したい方には平日の方がおススメかもしれません。平日は梅園内に喫茶のお店がありませんのでご注意を。


熱海梅園内の様々な樹木
ソテツの木ともみじの斬新な風景

熱海梅園韓国庭園前のもみじ
韓国庭園の入口のもみじは真っ赤な見頃

紅葉の見頃+白梅

また真っ赤に色づいたもみじと通路を挟んだところにある梅の木には、白梅が開花しています。


熱海梅園紅葉と白梅開花
振り返ると白梅が開花しています

日本で最も遅くて早い

さすが、日本一早咲きの梅!日本一遅い紅葉との同時観賞です。不思議な季節感覚になります…。


熱海梅園日本で最も早咲きの梅ともみじ
次の蕾が開花を待っています

ライトアップは毎日開催

もみじまつりの期間、夜間は毎日ライトアップが行われます。陽が落ちるのが早いこの季節、ライトアップのもと紅葉を観賞できるのは良いですね。(ライトアップの時間:16:30~21:00)


熱海梅園もみじまつりは夜間ライトアップされます
夜間は竹灯篭がライトアップされます

熱海梅園は梅まつりの期間以外は入園無料で、日常の散歩のコースとして訪れる方も多くいらっしゃいます。園内の通路は傾斜が緩やかで歩きやすく、階段もありますが、車椅子の方用のスロープが設置されています。歩きながら様々な季節の花を楽しむことができます。

市内在住の方はもとより、セカンドハウス・別荘への滞在時など、健康増進のため熱海梅園内を散策してみてはいかがでしょうか。ぜひ、お出掛けください。


熱海梅園内に咲く山茶花
山茶花も同時に楽しめます