地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

熱海梅園「もみじまつり」と白梅

最終更新: 1月9日

こんにちは。Irodoriです。各地で紅葉が見頃となって来ました。日本一遅い紅葉と日本一早咲きの梅が楽しめる熱海梅園。現在「もみじまつり」が開催されており、色づき始めたもみじと一部開花した白梅を同時に愛でることができます。


熱海梅園の紅葉まつり
紅葉は少しずつ色づいています


日本で最も遅い紅葉の「もみじまつり」

熱海梅園は日本で最も早咲きの梅として知られる庭園で、毎年1月中旬から「梅まつり」が開催されます。また、11月下旬から色づくもみじは、日本一遅い紅葉と言われ、現在熱海梅園では「もみじまつり」が開催されています。


熱海梅園もみじまつり開催
もみじまつり 令和元年11月16日(土)~12月8日(日)

全体的はまだ青葉が多く

弊社事務所(JR来宮駅)から熱海梅園は歩いて10分程なので、紅葉の様子を見学に来ました。

紅葉は所々で進んでいますが、まだ多くの青葉もみじがキレイです。


熱海梅園日本で最も遅い紅葉のもみじまつり

私財提供の下で

熱海梅園は明治19年に横浜の豪商・茂木惣兵衛氏が私財を投じて開園したのが始まりで長い歴史があります。また今から約10年前に実業家・大塚実氏の私財の提供によりリニューアル工事が行われました(梅園内設置「茂木氏梅園記の要約」「大塚実氏顕彰記念碑」表記より)。リニューアルされる前までは木々が鬱蒼と生い茂り、現在のような明るく歩きやすい庭園ではなかった印象です。