地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

熱海市ワーケーション施設等整備促進事業費補助金制度の創設

最終更新: 1月6日

こんにちは。Irodoriです。ニューノーマルな働き方として、休暇を楽しみながら働く「ワーケーション」が注目を集めています。各自治体が環境整備を推進している中、熱海市で「ワーケーション施設等整備促進事業補助金制度」が創設されました。


熱海市ワーケーション補助金
働きながら休暇を取る(ワーク+バケーション)

熱海市ワーケーション施設等整備促進事業費補助金制度とは?

熱海市公式ウェブサイトによりますと、

熱海市は、「首都圏から近い」「豊富な温泉」「素晴らしい景観」などの地域資源を活用して、関係人口の創出、地域経済の発展、産業の多角化を図ることを目的に、ワーケーション、オフサイトミーティング、コワーキングスペースとして市内外の企業などが広く利用できる施設の設置や、市外の企業などのサテライトオフィスの進出を促進するため、企業など(法人・個人事業者)を対象に、ワーケーション施設等整備促進事業費補助金制度を創設しました。❞  【熱海市公式ウェブサイトより引用】



不動産に関する例で挙げると、新規事業として熱海市内の不動産物件を賃借もしくは購入して、企業向けのワーケーション施設の運営などを検討される事業者(個人事業主)が活用でき、施設の整備・開設に必要な改修工事、または備品の購入に要する経費を最大1,000万円(補助対象経費の3分の2)まで補助される制度とのことです。(不動産の賃借・取得に要する経費は対象外)


熱海市内で不動産を取得し、バケーションレンタルなどのワーケーション事業や、企業のサテライトオフィスの新規設置を検討されている場合には、設備の整備などに活用できる制度と思います。

令和3年3月31日までに改修工事が完了することなど、対象となる様々な条件があります。


補助制度を利用する際には、まずは熱海市役所観光経済課・産業振興室に問合せをして、事前相談が必要ですので、詳細は熱海市公式ウェブサイトをご参照ください。


【2021年1月追記:熱海市ワーケーション施設等整備促進事業費補助金は予算に達する見込みとなり、新規の事前相談受付は終了となりました。】


熱海市公式ウェブサイト 熱海市ワー