地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

熱海の海抜のはなし

更新日:7月5日

こんにちは。Irodoriです。熱海の地形は山の麓に海があるような特徴があり、裾野にある街と海を山がすり鉢状に囲むような形をしています。山から海に向かっての傾斜地形が海の眺望を確保し、海からの風が抜ける心地よい環境を作っていますが、坂が多い点も特徴のひとつです。


熱海の海沿い風景 熱海別荘不動産Irodoriいろどり
山の麓に海があるような熱海の地形

標高と海抜

土地の高さを表す言い方として「標高」や「海抜」と言いますが、どちらも海面からの高さを呼びます。

「標高」は東京湾の平均海面の高さを基準面「0m」として測った高さ

「海抜」は近隣の海面の高さを基準面「0m」として測った高さを言い、「標高」と「海抜」の違いは基準となる海面が東京湾か近隣の海かということになります。山の高さなどは「標高」を用い、海に近い所や津波などの防災表記は「海抜」を目にすることが多いですね。


■ 国土地理院公式ウェブサイト 「標高と海抜と水準点」


熱海の海抜について 熱海別荘不動産Irodoriいろどり
国道135号線沿いは海抜5m

熱海の海抜いろいろ

熱海の海抜は一例として、

・海沿いの国道135号線 海抜 約5m

・熱海市中心地の熱海市役所 海抜 約15m

・JR来宮駅付近  海抜 約68m

JR熱海駅付近  海抜 約70m

・熱海梅園付近   海抜 約100m<