地域のご紹介やイベント情報、不動産や別荘清掃管理のお役立ち情報など 「Irodori(彩り)ブログ」を発信しています。

別荘の断熱・結露の対策について

こんにちは。Irodoriです。季節は冬本番、暦では一年で一番寒い時期の大寒を迎えます。別荘の寒さ対策として、断熱効果が高く、結露を防ぐ「二重窓」をご紹介します。


二重窓 別荘の断熱・湿気対策
窓枠の内側に取り付ける二重窓で断熱効果が上がります

寒い時期に山の別荘で過ごす

海や山の別荘の利用目的は、夏は避暑地、冬は避寒地として季節の暑さや寒さを避ける目的で利用されることが多いと思います。それとはまた反対に、季節をありのままに感じられる場所で過ごす過ごし方は、とても贅沢だなぁと思います。


例えば、冬の寒い季節に山の別荘で過ごすこと。別荘の外は凍るような寒さの中、とても暖かい室内で外の景色を見ながら過ごし、温泉で温まる。なんて素敵な時間!これこそ別荘の醍醐味!

と思いながら、別荘の管理業務をさせていただいています。


そこで別荘の防寒対策、断熱効果が高く、結露を防ぐ対策として二重窓(内窓)の設置がお勧めです。

弊社の管理させていただいている別荘で設置されており、冬の暖房運転時にとても効果が高いと感じます。


二重窓の設置 別荘の断熱・湿気対策
外窓・内窓ともにペアガラスを使用されています

簡単な工事で設置可能です

二重窓は既存の窓の内側に内窓用の窓枠を取付け、窓を設置する簡単なリフォーム工事で設置できます。

窓枠の内側に奥行があれば、特殊な工事が必要なく取付けが可能で、窓枠の奥行が浅い場合でも既製のふかし枠(パーツ)を設置することで、取付けできます。(窓の形状により設置できない場合もあります)


何よりも断熱効果が高く、冬は暖房で温めた空気が留まり、室内と外気温との差が激しくても窓の結露を防ぎます。結露による湿気でカーテンや窓にカビが生える心配が要りませんし、窓から冷たい空気が入りにくいので、室内は厚手のカーテンを引かなくても過ごすことができます。